オンラインカジノの魅力ポイントと注意点

人はあまりにも夢中になれることがあると、もう時間の経つのを忘れてしまうことがよくあります。
でも、それだけ夢中になれる物が、今あるでしょうか?
夢中になれることというと、自分の趣味に没頭したり、仕事に熱が入り過ぎて、いつの間にか日が暮れてしまっていたということがよくあるものです。 
それ程までに夢中になれる物が、もう1つあるのです。
それがオンラインカジノです。

分かる人は、すぐにピンと来るでしょうが、オンラインなのでインターネットを使ったカジノです。
パソコンやスマートフォンでできるカジノです。

パソコンやスマートフォンでも、臨場感溢れる出来栄え

カジノの言うと、ラスベガスやマカオ等のきらびやかなイメージがありますが、まさに本格的で、カジノで遊んている感覚になれるのです。
また、嬉しいことにギャンブルと言うと、パチンコや競馬・競輪がありますが、インターネットでもカジノゲームなので、時間や場所の制約はありません。
自分の好きな時間に好きな場所で遊ぶことができるのも、大きなメリットです。
通勤の行き帰りの電車やバスの中。
あるいは、喫茶店でコーヒーを飲んでいる間にカジノで楽しむこともできます。

ペイアウト(払い戻し)率も魅力的

また、オンラインカジノになった後のもう1つの魅力はペイアウト率です。
ペイアウト率は、パチンコや競馬等のレベルと比べても、格段に高いのです。
オンラインカジノは、限りなく100%に近いレベルで常に90%代をキープできているレベルです。

大体、私達の身近な宝くじが50%前後。
競馬・競輪・競艇だと75%前後。
パチンコで85〜90%。

それに比べて、オンラインカジノは、95%以上なのです。
これは、オンラインカジノの場合は、ほとんど人件費がかからなかったりすることも大きな理由です。
でも、こんな条件の良さを知ると、やはり他のギャンブには関心が薄れてくることでしょう。
これもオンラインカジノの魅力だと言えるでしょう。

大きな一攫千金ゲットできることも

しかも、オンラインカジノの場合、一攫千金のチャンスもあります。
ジャックポットです。
ギャンブルで大当たりするジャックポットなのですが、当たれば数百万円はおろか、奥単位の報酬を手に入れることさえ夢ではありません。
確かに夢のように感じるのですが、実際に日本人の人でも、そのレベルでジャックポットを狙い撃ちできているのです。

オンラインカジノには、どんなゲームがある?

オンラインカジノには、本格的なスロット、ルーレット、そして、ガードゲーム等が充実しています。
カジノのビギナーから上級者までハマるゲームの数がたくさんあります。
カジノの代表的なゲームというと、スロットがあるのですが、最近の主流はビデオスロットです。
昔のようにシンプルに3つの絵柄やナンバーを揃えるだけでなく、リール数を5×3になり、ペインラインも200通りを超える数になっていますので、スロットを回し始めてから、あっという間に、2、3時間過ぎてしまうことは、珍しくはありません。
これでも、珍しくはジャックポットがありますので、一攫千金の流れを取り込むことがあります。
しかし、昔ながらのクラッシックスロットでじっくりと楽しむことも魅力です。
また、カードゲームでは、ブラックジャックやポーカーがありますが、深いゲームだと、バカラというゲームもあります。
ゲームの内容は至ってシンプルなのですが、奥深いゲームとして、多くの人が魅了されています。
賭ける金額をかなり大きな額が動くこともあり、緊張と興奮の渦に巻き込まれていくことも、珍しくはありません。
また、カジノの定番のルーレットでプレイすることもいいのですが、ライブカジノのおすすめです。
画面のあちら側では、実際のディーラーがおり、ネット対戦型のカジノができるので、本当に臨場感のあるゲームが楽しめます。

こんな魅力あるオンラインカジノは合法?違法?

こんな魅力的なオンラインカジノで、一攫千金も夢ではないのですが、やはり心配なことは、違法か合法か?と言うことです。
今でも、非常にグレーゾーンなのです。
合法でもないが、違法でもない。
これはオンラインカジノを規制する法律家ないことから、限りなくグレーなのです。
正確にいうと、国内でオンラインカジノを取り締まる法規制がないことが、実態です。
オンラインカジノを運営している主体は、海外で、当該国から認定されているところばかりですが、ネットで楽しむ場合の規制がありません。
そのためにオンラインカジノは日本ではグレーゾーンなのです。
しかし、最近、オンラインカジノで摘発された事例があります。

この例を見ると、少し不安になるでしょうが、この時はライブカジノで日本人ディーラーが対応しており、サイトも日本語対応と日本人向けのオンラインカジノという判断で摘発されていたとの見方です。
あくまで特異な例と受け止める向きもありますが、オンラインカジノを楽しむ時は、この事例を意識して、ある程度の注意は必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です