なぜオンラインカジノで逮捕者が出たのか?

オンラインカジノで逮捕者が出る事件

2016年に、オンラインカジノに関して3つの事件が起きました。
これは、オンラインカジノが日本国内で合法なのか、それとも違法なのかという部分を考える上で非常に重要な事件です。
1つ目の事件は、オンラインカジノを運営している会社が日本国内にあり、サーバ自体も日本国内のサーバを使用していたという事件です。これはプレイヤーが逮捕されたわけではなく、運営者側が逮捕されました。オンラインカジノは、サーバーが海外にあるために、日本国内では黙認されているに過ぎず、日本国内のにサーバがあれば、完全に賭博法違反となります。
2つ目の事件は、オンラインカジノで扱われるプレイヤーのお金を管理する会社が逮捕された事件です。これは、「お金を管理しているということは、ギャンブルを管理しているということに等しい」と判断されたためです。これもプレイヤーが逮捕されたわけではありません。お金の管理会社が逮捕されたのです。
そして、3つ目の事件がプレイヤーが逮捕されたという事件です。これからオンラインカジノで遊ぼうかと考えている人にとっては、最も注目すべき事件です。
この事件は、「スマートライブカジノ」という。オンラインカジノで遊んでいた日本人3名が逮捕されたという事件です。結局は不起訴処分となり、有罪にはならなかったのですが、逮捕されたというだけでもショッキングですよね。この事件は、日本人に「オンラインカジノで遊んだだけでも逮捕されるのか」という衝撃を与えました。

オンラインカジノ逮捕者

なぜスマートライブカジノで逮捕者が出たのか

実際のところ、オンラインカジノが合法なのか、違法なのかという部分は、はっきりとした結論が出ていません。
法律自体がオンラインカジノに対応していないので、はっきりと合法とも言えないし、ハッキリと違法ともいえない状態なのです。そんな、法律上グレーな状態で逮捕者が出たスマートライブカジノは、どのようなオンラインカジノだったのでしょうか。実は、スマートライブカジノは、海外にサーバがありながら、完全に日本人向けにサービス内容をカスタマイズしているオンラインカジノでした。
画面に出てくるディーラーも日本人ですし、参加しているプレイヤーもほとんどすべて日本人。日本語向けのチャットにも対応しています。そして、他の人がどのぐらいの金額を賭けているのかというのも公開されている状態でした。
そのため、捜査する側が、そのオンラインカジノを見ただけで、日本人がいくらお金をかけているということが分かる状態になってしまっていたのです。日本人が楽しめるという環境を作ったことが、スマートライブカジノの仇になってしまったようです。
基本的には、たくさんの人がプレイしていて、逮捕者もほとんどいないオンラインカジノですので、確率論的には危険性は高くありませんが、もしプレイされる際には、こういった日本人向けに特化したサービスや、掛け金が周りに公開されているようなサービスは使わないようにしましょう。