オンラインカジノの歴史と日本での普及状況

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

「オンラインカジノ」という言葉をご存知でしょうか。
オンラインカジノは、インターネット上に作られた仮想のカジノ空間に足を運び、そこでディーラーや他のプレイヤーとゲームを行い、お金を賭けるゲームのことです。
最初のオンラインカジノは1995年頃に生まれたとされています。本物のカジノは、ヨーロッパを起源としており、世界最古といわれるカジノはイタリアで1638年には存在していたとされています。そのため、歴史で言えば本物のカジノとオンラインカジノは300年以上の差があります。

参考:オンラインカジノとは?

ここ日本では、法律によってカジノという存在そのものが規制されているため、海外に行かなければカジノのゲームでお金を賭けて遊ぶことはできませんでした。実際のお金はかけずに、チップだけを賭けて遊ぶカジノ体験ができる場所などは観光地に作られていますが、本物のカジノに比べれば、規模は小さいですし、日本ではまだまだ普及しているとは言い難い状況です。しかし、オンラインカジノは、サーバーが海外にあるため日本の法律では規制されておらず、日本人でもお金をかけてカジノのゲームを遊ぶことができます。そのため、インターネットの普及とともにここ数年で急速に普及してきました。

オンラインカジノサイト

海外でのオンラインカジノの普及

とはいえ、日本ではそもそもカジノという文化に馴染みがないため、そこまで爆発的な普及はしていません。しかし、ヨーロッパでは非常に強い人気を持っています。例えば、有名なサッカーチームであるレアルマドリードのスポンサーにもオンラインカジノの企業が付いています。マーベルやバットマンといった非常に有名な映画のタイトルとタイアップを組んでいるオンラインカジノもあります。テレビCM をしているオンラインカジノもあるのです。
日本のオンラインカジノの普及が遅れている理由の一つに、言葉の問題があります。数年前までは、オンラインカジノはすべて英語の表記だったため、英語が堪能でなければオンラインカジノでゲームを楽しむことができませんでした。しかし、日本人専用に作られた、日本語対応のオンラインカジノも増えてきたため、ヨーロッパやアメリカに比べれば遅れているものの、日本国内でもオンラインカジノの人気は高まっています。

今後の普及に期待のかかるオンラインカジノ

日本のオンラインカジノの普及率を考えると、まだまだ発展途上ということが言えます。日本という市場は、競馬やパチンコ競艇、競輪といった、国営のギャンブルが高い人気を持っており、そういったギャンブルに使われるお金の量や、市場の大きさを考えると、まだまだ大きくなっていく可能性は高いです。
オンラインカジノが一般化すれば、家庭でパソコンを使ってポーカーをしたり、スマートフォンを使ってブラックジャックをしたり、手軽に実際のお金を掛けたギャンブルをする姿が一般的なるかもしれません。