オンラインカジノの評価を下げる諸要因

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題

オンラインカジノは社会的な課題、問題点をいくつか抱えています。
その一つにギャンブル依存症の問題があります。

今現在、日本国内では約50万人以上のギャンブル依存症患者がいるといわれています。
そのうちの40万人がパチンコやスロットのギャンブル依存症、そのほかの10万人が別のギャンブルの依存症であるといわれています。
しかしながらオンラインカジノは日本の公営ギャンブルではない為、この数字の中には含まれていないのですが、今後オンラインカジノのプレイヤーが増えるに従って、ギャンブル依存症患者が急増するのではないかと考えられています。

ギャンブル依存症は、人生の全てがギャンブル一色になってしまい、生活や仕事などを差し置いてギャンブルにのめり込んでしまう一種の病気です。
ときには、生活資金を全てギャンブルに注ぎ込み、借金を負ってしまうこともあります。
ギャンブル依存症の問題は深刻で、カジノ法案が成立してからもこの課題に対する解決策はまだありません。

ギャンブル依存症は性格や癖などではなく立派な病気の一つとして認識すべきであり、自分自身の意志によって解決できるほど生易しいものではありません。
きちんとギャンブル依存症の専門機関で治療をすることが必要となります。
また家族の支え、周囲のサポートが必須となります。

ギャンブル依存症になりやすい方やもともとギャンブル好きの方は、オンラインカジノの依存症になりやすいと言われています。
その理由としてオンラインカジノは、勝ち負けの波やリターンの差が激しく快楽が得やすいからです。
もともとのめり込みやすい性質の方は手を出さないほうが良いでしょう。

クレジットカードでのチップ購入ができるオンラインカジノ

オンラインカジノは現金でチップを購入するというわけではなく、クレジットカードでチップ購入を行います。
このため、もし手持ちの現金がなかったとしても簡単に追加でチップ購入ができます。
眼の前の現金が減ってしまうということではなく、後払いも可能ですので、その結果限度額以上を使い込んでしまうことも多いのです。

クレジットカードが使えるというのは大きなメリットでもありながら、こういったリスクも抱えています。
オンラインカジノは現金決済ではなく、基本的にはカード決済です。
こういった特性上、余計にギャンブル依存症になってしまったり、カードで破産をしてしまうリスクが増えているのです。

クレジットカードでつい使いすぎてしまうという方は、あらかじめ自己規制システムなどのシステムが搭載されているオンラインカジノを選びましょう。
こういったシステムがあれば、あらかじめ入金額の上限を決めておくことが出来ます。

スパム広告とマイナスイメージ

オンラインカジノのスパム広告がある日突然、ブログのコメント欄に貼り付けられてしまったという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
オンラインカジノの中でも悪質なカジノは、このようなスパム行為を繰り返す傾向にあります。
オンラインカジノへの集客を図るため、無差別にスパム広告を貼るなどの行為を繰り返して行っています。
このような一部の悪質なウェブオーナーのために、オンラインカジノの業界全体がマイナスイメージに見られているのは事実です。
全く知らない方の中には、スパム広告をイメージする方はとても多いです。

スパム広告だけではなく、無差別に迷惑メールを送りつけるというパターンも多く、これは社会全体での問題となっています。

オンラインカジノのサービス水準の低さ

オンラインカジノのサービスはまだまだ発展途上であるといわれています。
オンラインカジノは歴史が浅く、サービスの水準は他の公営ギャンブルと比較しても低いままです。
サポートに相談をしても、時間がかかってしまったり、日本語が上手く通じないということも多々ありますし、あり得ない対応をされることもあるようです。
パチンコと比較しても入出金のトラブルはとても多いといわれており、サービス面についての問題はまだまだ多いです。

オンラインカジノはサービス意識が全体的に低く、またコミュニケーションの壁もありますので、海外で優良と考えられているオンラインカジノが日本人プレイヤーにとって優良オンラインカジノとは限りません。
快適にプレイをすることができる環境にない場合もありますので、登録の際には注意が必要となります。

インカジの問題

オンラインカジノを店内で提供する、違法なカジノカフェであるインカジが社会問題となっています。
国内で賭博を行っていることになるこのインカジは、違法であり摘発の対象となります。
繁華街を中心にひっそりと営業をされていて、オンラインカジノとは似て異なるものです。

インカジの存在は、オンラインカジノのイメージを下げるどころか、若者やサラリーマンが知らずに訪れてしまい、賭博をしてしまう可能性があることから、社会的な問題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です