ルーレットで稼ぎたい場合に有効な対策

オンラインカジノのルーレットは稼ぎやすいのか?

ルーレットといえばカジノゲームの定番中の定番です。
カジノと名の付くところに行けば必ずルーレットが用意されています。
カジノの経験者方ならば、海外のカジノで1度はルーレットをプレイしたことがあるのではないでしょうか。

オンラインカジノにおいてもカジノ店と同じくルーレットは必ず用意されています。
しかし、オンラインカジノはカジノ店と違い相手の顔が見えないため、その安全性に対して心配する方もいらっしゃるでしょう。
ですがその心配はまったくもって無用です。

オンラインカジノは海外政府の認可を受けて営業しているので、安全性に関してはその他のギャンブルよりもずっと高くなっています。
また、定期的に外部の監査機関に監査を依頼しているので、いつでも安全で公平なゲームを提供することができています。
そのため、相手の顔が見えなくてもオンラインカジノのルーレットは安心してプレイすることができると言えます。

ルーレットは3倍配当でプレイするのがおすすめ

ルーレットには様々な賭け方ありますが、おすすめは3倍配当狙いの賭け方です。
1点狙いは当たる確率が非常に低くなるため、正直利益を得るのはかなり難しくなります。
逆に赤黒、奇数偶数の2倍配当の場合は当たりやすいけれど利益が少なくなってしまいます。

3倍配当ならば当たりやすさをキープしながらも、利益もしっかりと得ることができます。
ルーレットで3倍配当を狙うのなら、賭け方はダズンとコラムの2つになります。
ダズンというのは0と00を除き横一列に賭ける方法で、コラムは縦に3分割して、1-12、13-24、25-36のいずれかに賭ける方法です。

ルーレットで勝ちやすさと利益の大きさを同時に追求するのなら、このような3倍配当のゲーム狙いでいくのがおすすめです。

ルーレットの3倍配当狙いにおすすめなモンテカルロ法

オンラインカジノには攻略法と呼ばれる手法が数多く存在します。
その攻略法の中でも、ルーレットの3倍配当で強い力を発揮するのがモンテカルロ法です。

モンテカルロ法は、かつてモナコのカジノ店を破産に追い込んだと言われているほど高い確率で利益を得られる攻略法です。
こうしたモンテカルロ法の効果の高さから、現在ランドカジノにおいてはその使用が禁止されている所が存在します。

しかしながら、オンラインカジノにおいてはモンテカルロ法は禁止されていません。
オンラインカジノではカジノのように対面で勝負を行うわけではなく、ディスプレイのゲーム画面を見ながら勝負をすることになります。
モンテカルロ法は基本的に数列を元に計算が必要となるのでメモが必要となりますが、運営会社に見られているわけではないので、堂々とメモを取り計算しながら勝負をすることができます。

モンテカルロ法を3倍配当のゲームに使用すれば、まず間違いなく利益を残すことができます。
2倍配当のゲームにも使用することができますが、2倍配当のゲームの場合は利益を残せない場合もあるので、使用するのならばやはり3倍配当のゲームが一番です。

モンテカルロ法の使い方

モンテカルロ法はその他の攻略法よりも使い方が難しいため、使用するにはメモの準備が必要となります
慣れてくるとメモを不要に感じるかもしれませんが、攻略法は手順がなによりも重要ですので、慣れてきても手元にメモを置いておくようにしましょう。

それではモンテカルロ法の使い方についてご紹介します。

初めにメモに(1 2 3)と書き、この数列の1にあたる金額を決めます。
ここではわかりやすく1ドルとします。

モンテカルロ法のベット額は数列の両端の和となります。
そのため、初回ゲームでは1と3の和である4ドルをベットします。
初回ゲームで負けると賭けたベット額を数列の左に加えます。

2回目のゲームは(1 2 3 4)の数列でスタートします。
ベット額は数列の両端の和ですので、2回目のゲームのベット額は5ドルです。
2回目のゲームでも負けた場合の数列は(1 2 3 4 5)となり、ベット額は6ドルとなります。
3回目のゲームも負けてしまうと、4回目のゲーム時の数列は(1 2 3 4 5 6)となり、ベット額は7ドルになります。

そしてこの4回目のゲームで勝つとしましょう。
勝負に勝った場合は負けた場合とは逆に数列から数字を消します。
3倍配当のゲームでは左右両端2つを消します。
そうすると5回目のゲーム時の数列は(3 4)と2つだけになり、ベット額はこの2つの数字の和の7ドルになります。

5回目のゲームで負けると6回目のゲーム時の数列は(3 4 7)になり、7回目のゲームでは10ドルをベットします。
7回目のゲームで負けた場合、8回目の数列は(3 4 7 10)となりますが、7回目のゲームで勝つと(3 4 7)の両端の数字が消えるので数列は(3)のみとなります。

数列が1つだけ、または全て消えるとそこでいったんセッション終了となり、また1から(1 2 3)の数列を用いて始めることになります。

こうしてセッションが終了すると、手元に利益が残るようになっています。
利益の額はそのセッション終了までのゲームの流れによりますが、たとえセッションが何十回と長引いても終了時には利益を得ることができますので、オンラインカジノのルーレット攻略にはモンテカルロ法の使用をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください