エコペイズはビットコインでの入金で手数料が節約できるケースも

エコペイズはビットコインを含む仮想通貨の入金が可能で、受付手数料がかからないのが魅力になっています。

ただし、仮想通貨のまま入金できるわけではなく、円やドルといったエコペイズの受取口座の通貨に自動で両替されることになります。
入金だけで仮想通貨での出金はできないため、エコペイズからお金を受け取りたい場合は別途銀行口座の用意が必要です。
補助的な手段として組み合わせるのがおすすめで、手数料が節約できる場合があります。

ローカル入金から仮想通貨での入金ができる

ローカル入金から仮想通貨での入金ができる
エコペイズにビットコインを含む仮想通貨で入金をしたい場合、まずはアカウントを作成し、仮想通貨を別に用意する必要があります。
エコペイズのアカウントを作ってすぐに入金もできますが、送金ができるようになるのは身分証明証の提出や電話番号の確認が済んでからです。
早めに必要書類を提出し、送金が可能な状態にするのがおすすめです。

準備が整ったら、エコペイズにログインし、「資金を入金」を選択します。
入金するアカウントが表示されたら、アカウントを選択し、「ローカル入金方法」をクリックします。

続いて、「Alternative Payments」を選択しますが、仮想通貨の選択よりも先に入金額の入力を求められるのがポイントです。
入金額を入力して、「確認」をクリックすると、受付アドレスとビットコインの必要金額が表示されます。
ビットコイン以外の仮想通貨で入金したい場合は、ビットコインのマークをクリックすれば表示が切り替わり、入金可能な仮想通貨が一覧で表示されます。
入金に使いたい仮想通貨を選択すると、必要な金額とアドレスが表示される仕組みです。

入金アドレスと金額を確認し、仮想通貨取引所などを経由して入金を行えばエコペイズの口座に入金が完了します。
仮想通貨の入金手数料は無料になっていて、仮想通貨を利用するメリットになっています。

入金アドレスと金額の扱いには注意が必要

入金アドレスと金額の扱いには注意が必要
エコペイズへ仮想通貨で入金を行う方法はそれほど複雑ではありません。
一般的なローカル入金や国際送金でも入金先の銀行口座の情報が必須になります。
ビットコインを含む仮想通貨の場合は入金先のアドレスが表示されるため、それを正確に入力すれば良いだけです。

注意したいのは、アドレスを誤ると仮想通貨が失われてしまうことです。
仮想通貨で入金をする場合は、その都度アドレスが作成されます。
毎回アドレスが違うため、コピーなどをとって正確に送金先として指定する必要があります。
誤ったアドレスに送金してしまうと仮想通貨を取り戻す手段がなく、そのまま失われることになるのです。

仮想通貨で入金する場合は何よりも正確さが求められます。
エコペイズ以外の取引でも入金のアドレスは毎回かわることになるため、使いまわしができないことを理解することが大切です。

また、仮想通貨は価値の変動がつき物で、取引中に価値が変動すれば入金額に誤差が生まれます。
エコペイズ経由でオンラインカジノへ入金したい場合、入金ギリギリの金額を指定すると足りなくなる恐れがあります。
ある程度余裕を持てる金額を入金するのがおすすめです。

送付時の手数料に注意すればかなりお得

仮想通貨で入金を行う場合、受け取る側のエコペイズで手数料は発生しませんが、仮想通貨取引所やウォレット側の手数料が発生します。
手数料が安い取引所を選べば、かなりの節約になります。

また、エコペイズはビットコインやアルトコインの入金を受けつけているだけで、出金には対応していません。
エコペイズ自体が仮想通貨を扱っているわけではないことに注意が必要です。
入金したお金を引き出したい場合、銀行の口座が必要になります。
一見面倒に見えますが、仮想通貨をうまく利用すれば手数料がかなり節約できます。

エコペイズに銀行振込で入金する場合、ローカル送金を選択すると5%の手数料がかかります。
国際送金を選択した場合は手数料が割安になるケースがありますが、入金に1週間以上かかることが珍しくありません。
オンラインカジノで直接クレジットカードの入金をしたくない場合は、仮想通貨の入金手数料がかなり割安になるケースがあるのです。

ただし、入金額と取引所の規定金額によっては銀行振込の方が安くなるケースもあります。
手数料を比較しながら選ぶことも、重要になっています。

ビットコイン入金で手数料が節約できる場合も

ビットコイン入金で手数料が節約できる場合も
エコペイズへ仮想通貨で入金する場合の手数料はゼロで、他の入金手段より優遇されています。

ただし、振込側になる仮想通貨取引所からの送金手数料はかかります。
ビットコイン以外の仮想通貨の入金にも対応しているため、手数料を比較しながら選ぶのがおすすめです。
エコペイズに銀行振込を行う場合の手数料が5%になっているため、それ以下の費用であれば仮想通貨で入金した方が手数料が安くなります。

送金手数料は仮想通貨取引所によって異なるため、手数料が安い取引所に口座を作る方法もあります。
エコペイズから仮想通貨を出金することはできませんが、選択肢を増やすことでよりお得に利用できる可能性があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください